ヒュンダイ、i30にホット・バージョンを追加か

公開 : 2014.09.03 22:20  更新 : 2021.03.05 21:39

ヒュンダイがi30のスポーティ・バージョンをテストしている風景をキャッチした。このモデルは、前後のパンバーがカモフラージュされている他、リアにはデュアル・エグゾーストを見ることができる。

おそらく新しいエンジンが搭載されるモデルのテストと思われる。そして、そのエンジンは、ヴェロスター・ターボに搭載される187psの1.6ℓターボとなると思われる。

ちなみに、ヴェロスターはこのエンジンを搭載し、0-100km/h加速8.4秒、最高速度214km/hをマークする。

現在のi30に搭載されているエンジンで最もパワフルなのは、128psの1.6ℓCRDiディーゼルで、0-100km/h加速が10.9秒というタイムだ。

このi30のスポーティ・バージョンは、ヒュンダイの新しいスポーツ・ブランドであるNパフォーマンス・モデルとしてはラインアップされないようだ。最初のNパフォーマンスは、i20をベースに現在開発が進められている。

このi30は、その進行状況から見て、来月のパリ・モーターショーには間に合わず、来年3月のジュネーブ・モーターショーが発表の時期と予想される。

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / ヒュンダイ i30 1.6 CRDi 3ドア
▶ 海外初試乗 / ヒュンダイi30ツアラー・スタイル・ナビ1.6CRDi
▶ 海外初試乗 / ヒュンダイi30 1.6CRDi 110 アクティブ・ツアラー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事