BMW 520d ツーリング

公開 : 2014.09.18 23:50  更新 : 2017.05.29 17:59

■どんなクルマ?

ちょっぴり速く、さらにエコ、かなりの改良が施された、英国ではベストセラーのBMW 520dエステートをテストする。

実は昨年、エクステリアやインテリアなどが穏やかな変更を受けていたのだが、今回のモデルチェンジでは4気筒ディーゼルが組み合わされることになった。フェイスリフトしたばかりのアウディA6 2.0 TDIや、ジャガーXF2.2D、メルセデス・ベンツE220ブルーテックなどのライバルを視野に入れてのことだ。

このB48型のディーゼル・ユニットは、今年の4月にフェイスリフトを受けたX3 xDrive 20dのそれと同じ。したがって190psを4000rpmで、40.8kg-mを1750-2500rpmで発生する。

これまでに組み合わされていたN47ユニットと比べると、+6psと+2.1kg-mの増強。ボアはφ90.0、ストロークが84.0mmというところを聞けば、先代とほとんど変わっていないように感じられるかもしれないが、BMWに言わせてみれば、まったく新しいエンジンなのだと言うことになる。

なかでもボッシュ製の燃料噴射装置が採用されたことが、目立つポイント。噴射圧力は先代+200barの2000barにまで高められている。またインジェクターに7つの穴を設けることによって噴射タイミングを変更できるのも、このユニットならではの特徴だ。

ターボチャージャーに目を移せば、ハネウェル製のものを適合させることにより、なんと従来比約半分までに摩擦損失を低減。それだけではなく、先代のエンジンに生じていた電制オイルポンプ内の損失も削減することによって、より一層高効率化が進められた。

ギアボックスは以前同様に、標準で6速MTとなり、オプションにて8速ATが選択可能。後者の変速比は0.64、最終減速比3.1となる。また燃費に関する一連の制御はBMWエフィシエント・ダイナミクスが司ることになっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事