ロールス・ロイス 遊び心と贅の極みアメシスト・ドロップテイル公開

公開 : 2023.08.28 17:45

ロールス・ロイスは計4台生産されるうちの1台である、完全オーダーメイドのアメシストと名付けられたドロップ・テイルを公開しました。今回の仕様はどれほど超個性的なのでしょうか? そこには遊び心も見え隠れします。

進化した応用芸術の作品 アメシスト・ドロップテイル

ロールス・ロイスは限定生産モデルであるドロップテイルシリーズにアメシストの名を冠した、アメシスト・ドロップテイルを発表した。

そもそもドロップテイルシリーズとは4台のみの生産であり、その4台は全て異なった顧客とのコラボレーションの賜物である。

ロールス・ロイス アメシスト・ドロップテイル
ロールス・ロイス アメシスト・ドロップテイル

このアメシストをオーダーしたのは、家業が宝石ブティックから多角的な事業を展開する多国籍企業へと成長した顧客である。旅行好きで、国際的な教養と包括的なインスピレーションを持ったオーナーは、芸術のパトロンとしても名高く、その貴重な宝石、魅力的な自動車、現代美術品のコレクションは、特別に設計されたプライベート・ミュージアムに収蔵されている。

このアメシストの名は、顧客の子息の誕生石であり、純粋さ、透明感、レジリエンスの永遠のシンボルであるアメシストからインスピレーションを得て、ドロップテイルのエレガントな表現をコーチビルドのデザイナーに依頼した。このテーマは、車両の全域で奥底まで掘り下げて描き出され、静粛な芸術性とさりげない華やかさを求める情熱が、アメシスト・ドロップテイルの特徴として現れ、魅力的なディテールの研究と見識の高さが反映された。とロールス・ロイスは言う。

アメシスト・ドロップテイルはロールス・ロイス史における特別な存在であり、この並外れた表現は、顧客の静粛なディテールへの情熱の証であり、遊び心を持った丹念な傑作として、これまでに製造された最も歴史的に偉大なロールス・ロイス車の一つに加わる。また、このような明確なビジョンの実現のみならず、伝統と現代性、そして魂を見事に調和させるロールス・ロイスの可能性の高さを象徴している。と語った。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事