ウエット最速マシン選手権

公開 : 2014.10.24 23:50

月曜日。休み明けの憂鬱な朝。まだ日が出ぬうちに家を出る。外は雨。帰ってくるのは夜遅く。

おそらく読者の多くはこんな経験をしてらっしゃるのではないだろうか。

どのようなクルマならばそんな一日を、愉しさと安心感に満ちたものにしてくれるのだろう。筆者はふと考えた。

アスファルトが水滴だけでなく、泥やじっとりとした葉っぱに覆われたような状況でも、ドライバーの気持ちを晴れやかにしてくれるクルマはあるのだろうか、と。

4WD。賢明な人ならば、この頼り甲斐のありそうなキーワードが真っ先に浮かぶはずだ。しかしながら仮に4WDが欲しくなるとしてどれくらいのサイズが適切なのだろう。フルサイズ4×4? 高速ワゴン? スポーツカーにスーパーカー? コンベンショナルなハッチバックにだって4WDは用意されている。

考えてみればFFやFRのクルマだって、まったく役立たずだと結論づけるのも正しくはなさそうだ。

こんな疑問を解明するために、ご覧の写真のとおり多方面から様々なクルマたちを連れ出してくることにした。まずは4WDを5台。それぞれ異なったキャラクターのモデルから紹介していこう。

SUVの中からはスーパーチャージドのレンジローバー・スポーツを選んだ。スポーツGTの中からはポルシェ911カレラ4Sを、ハッチバックの中からはフォルクスワーゲン・ゴルフR。ファミリー・ワゴン(と言えどもこちらも超高速)からはアウディRS4。典型的な全天候型のスーパーカー(と言われている)の代表として日産GT-Rを選んだ。

前輪駆動コーナーからは、ごく一般的なハッチバックとしてミニ・クーパーを、後輪駆動車コーナーからは、AUTOCARのテストで既に高い評価を得ているトヨタ86を選んだ。2台ともに軽量かつ、実用性重視のタイヤを履いている。

気温は13℃。ウインター・タイヤにとってはまだ暖かすぎるかもしれないが、それでもサマー・タイヤよりかは水に対する抵抗力がありそうだ。

ポルシェ911にはウインター・タイヤのピレリ・ソットゼロ組み合わされており、レンジローバーにはSUV用タイヤのコンチネンタル・クロスコンタクト、それ以外はすべて一般的なサマー・タイヤだ。

公平を期すために、すべての車両をMIRAサーキットで走らせた。路面コンディションはもちろん人工的にウエット状態にしている。コーナーとストレートからなるコースにて、GPSセンサーを用いてデータを集めた。数値解析はスプレッドシートに任せることにより、どのクルマがウエット・コンディションで最も優れているかを科学的な見地から見出そうというわけだ。

 
最新試乗記