アウディS6アバント

■どんなクルマ?

フェイスリフトしたアウディS6アバント。改良されたヘッドランプに新デザインのホイール、控えめな内装変更を携えて英国のショールームに並べられるのは来年の3月を予定している。

先代よりも£1,255(22万円)高い£58,0000(1,011万円)というプライスタグが掲げられることは既に決定済み。ちなみにS6は、英国では来月からオーダー可能である。

ツインターボ4.0ℓ V8ガソリンと7速デュアルクラッチSトロニックATの組み合わせこそ最高で、これ以上なにも手を施す必要はないとアウディは完全に信じきっているらしく、エンジンとギアボックスは先代からの据え置き。トルセン4WDも完全なる同一品である。

■どんな感じ?

1400rpmから5700rpmで発生する450psと56.0kg-mの出力のおかげで、とんでもない速度まで一息で到達する。

ガスペダルを踏みつければ、それはもう情け容赦のない怒涛の加速が急激に始まる。RS7の方がもっとパワフルなのだけれど、それでも高速道路の右車線を終始優先的に走破できるほどの実力は申し分なくある。

1960kgもの車重があるにもかかわらず、0-100km/hに要するタイムはわずか4.6秒。そこからリミットの作動する250km/hまで、エンジンの躊躇いは一切ない。まるで機械要素ひとつひとつが速く走ることだけに注力しているかのようだ。

 
最新試乗記

人気記事