アクセルは強烈なGの調整スイッチ メルセデスAMG EQE 53へ試乗 感情的な高まりは得難い

公開 : 2023.10.24 19:05  更新 : 2023.10.25 08:13

メルセデスAMGの電動化の次鋒、EQE 53 ツインモーターで686psへ強化 デジタル技術の進展ぶりに驚く車内 辛口な英国編集部の評価は?

ツインモーターで最高出力は625ps

メルセデスAMG EQE 53は、EQS 53に次ぐ、メルセデス・ベンツの高性能部門による最新のバッテリーEVだ。過去のEクラスをベースとしたモデルは、AMGを象徴する内容へ仕上がっていた。果たして電動化時代に、その流れは受け継がれるのだろうか。

同社が、先駆けて高性能な電動モデルへ取り組んできたことは間違いない。2シーターの、メルセデスAMG SLS エレクトリックドライブの発表は2014年。クワッド(4)モーターで最高出力748psを誇り、193kmの航続距離は当時としては優秀といえた。

メルセデスAMG EQE 53 4マティック+(英国仕様)
メルセデスAMG EQE 53 4マティック+(英国仕様)

EQE 53の発表はそれから8年後。ツインモーターで最高出力は625psに達する。AMGダイナミックプラス・パッケージを指定すれば、686psまで強化される。車内には5名分の広さがあり、カタログ値の航続距離は516km。技術は明らかに進化した。

お値段は、英国では11万4750ポンド(約2077万円)から。インフレを無視すれば、SLS エレクトリックの3割程度の金額となる。

しかし、電気モーターは内燃エンジンと異なり個性が薄い。ベースモデルのメルセデス・ベンツEQEとの差別化は、簡単とはいえないだろう。EQS 53の兄弟といえるEQE 53には、どのような特徴が与えられたのだろうか。

デジタル技術の進展ぶりに驚ける車内

車内の雰囲気は、ベーシックなEQEと遠からず。実際のところ、シートに刻印されるAMGのロゴ以外、基本的には共通といっていい。

英国仕様の場合、レザーシートのカラーはブラックかブラウンの2択。調整域は広く、肉厚なサイドサポートがしっかり身体を支え、長距離でも快適に過ごせるはず。

メルセデスAMG EQE 53 4マティック+(英国仕様)
メルセデスAMG EQE 53 4マティック+(英国仕様)

内装トリムには、ナイト・エディションとツーリングの2種類が設定される。異なる風合いのウッドパネルで飾られ、インテリアの印象を選べる。先進的な高性能サルーンにピッタリかどうかは別として。

落ち着いたダッシュボードがお気に召さない場合は、約7000ポンド(約126万円)のオプションで、助手席側の正面にタッチモニターが実装される艷やかなハイパースクリーンも指定できる。EQSのように。

インフォテインメント・システムは最新版のMBUX。マルチメディアなど望まれるであろう機能は網羅し、操作性は良い。デジタル技術の進展ぶりに、驚けるだろう。

メルセデス・ベンツが伝統としてきた、高い製造品質は内装に受け継がれていないようだ。素材は高水準ながら、フィッティングが今ひとつな部分が散見される。プラスティック製の部品には、高級感に欠けるものも含まれる。

車内空間の広さは、ベーシックなEQEと同じ。大人4名で快適に長距離移動できる。テスラモデルSに並ぶ、ゆとりや開放感まではないだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事