ドライバーズカー選手権2014 / 総合優勝は?

公開 : 2014.11.07 23:54  更新 : 2017.05.29 19:50

アルファ・ロメオ4Cは残念な結果に終わってしまったけれど、見方を変えれば伸びしろがたくさん残されていると言うことになる。’現時点では’ 名だたるライバルたちとガチンコ勝負をすることは時期尚早だったと考えればいい。

ジャガーF-タイプRクーペのレベルの高さをわれわれは認める。しかしながら、カッスル・クームのようなテストコースでは、後輪よりも前輪の方が落ち着き払っていた。もちろんわれわれはオーバーステアを起こしやすいクルマを好むのだが、160km/h付近で安定感に欠けるこのクルマを完璧とは言い難い。

そしてさらに面白みに欠けるのは、BMW M4。横滑りの姿勢に入った時と、それを必要とした時のみのトリックがヴォグゾールVXR8を高める結果になった。同率9位になったのは、VXRの大型サルーンとしての仕事ぶりがBMWの上をいったからだ。

BMW i8はスポーツカーではなく、操舵感覚はタイヤと接する路面状態に大きく左右される。ただし確かなる魅力があるゆえに8位というポジションを獲得した。7位のルノー・メガーヌ275はわれわれ全員が好意を抱いているし、6位のコルベット・スティングレイは、メガーヌ以上にその度合いが高い。優れたロード・パフォーマンスがそうさせたのである。

ここから上のトップ5のランク付けはさらに何を極めた。5位マクラーレンは650Sのメカニカル・レイアウトを徹底的にレベルアップしてきたため、完成度はかなりのものだった。ポルシェ・ケイマンGTSよりもわずかに下の順位になってしまったのは、サーキットと一般道のみにシチュエーションを絞ったテストだったからかもしれない。

そして残すところ3台。トップ3だ。去年優勝したポルシェ911 GT3は表彰台の一番低いところにとどまってしまった。一般道では一頭地を抜いた活力に溢れているし、サーキットではアスリートとしての資質を存分に発揮してくれるのだが、アリエル・アトム3.5Rと比べるとどうしてもGT3は霞んでしまうのだ。アトムのようなハンドリング・マシンは他にないと言っていい。しかし1位の座を強奪できるほどの一般道の実用性は残念ながら持ち合わせていない。

僅差ではあったが、フェラーリ458スペチアーレは、ジャッジメントのうち3人が12台中1位のスコアをつけ、それ以外のテスターも3位以下のスコアをつけるものはいなかった。フェラーリ458スペチアーレが優勝の座を手にすることに、誰ひとりとして異存はなかった。

総合得点

1位. フェラーリ458スペチアーレ – 16p
2位. アリエル・アトム3.5R – 19p
3位. ポルシェ911 GT3 – 27p
4位. ポルシェ・ケイマンGTS – 33p
5位. マクラーレン650S – 39p
6位. シボレー・コルベット・スティングレイ – 43p
7位. ルノー・メガーヌR.S. 275トロフィー – 54p
8位. BMW i8 – 64p
9位タイ. BMW M4 – 78p
9位タイ. ヴォグゾールVXR8 GTS – 78p
11位. ジャガーF-タイプRクーペ – 80p
12位. アルファ・ロメ4C – 93p

ドライバーズカー選手権2014

▶ プロローグ ーー 今年のベストハンドリングカーはどれだ?
▶ スーパーカー部門
▶ スポーツ・クーペ部門
▶ V8マッスルカー部門
▶ 異分野対決
▶ 総合優勝は?

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記