コラム&エッセイ

2018.11.08

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

皆さん、こんばんは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。見に行ってきました、ポルシェ911(964型)のティプトロニックを。壊れやすいポイントから、実際の相場について、とても細かく教えてもらいました。あぁ、悩む。

第81話:ポルシェ964のティプトロを見にいった。

もくじ

ティプトロという選択肢
回るエンジン、回らぬエンジン
キレイならOK、ではない
売り手と買い手のズレ
言葉にできない魅力を自分の手で

ティプトロという選択肢

軍資金500万円(仮)で、
空冷ポルシェを引きつづき探している。

前回は「930ふう」のクルマをみて
なかなかよいとは思えない状態だったけれど
それでも400万円近い価格だと知り
ちょっと驚いた。というか不安になった。
996はすっかり嫁いでしまったし、
だから、なおさらね。

ならばコンディションがよいクルマで
なおかつ500万円を切るクルマはないのか?
そう考えてみた。するとおのずと、
ポルシェ911(964型)が浮びあがってくる。
ただしマニュアルは500万円を超えるものばかり。
ティプトロニックなら450万円くらいで存在する。

長野まで見にいった。
色はぺったりとしたグリーンだった。
走行距離は9万kmと10万kmの真ん中あたり。
450万円に「もろもろ足して」480万円ほど。
500万円の資金で20万円の整備代と考えると、
やや心もとない気持ちもする。いや心もとない。
(おそらく空冷ポルシェの先輩方から
 そんなに甘かぁないぜとメールがくるかも)
まぁそんなことを考えながら長野へ行った。

next page回るエンジン、回らぬエンジン

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ