Juju(野田樹潤)ブログ

2022.04.29

【Juju(野田樹潤)ブログ】第68話:2022年シーズン ドレクセラー・フォーミュラ・カップがモンツァで開幕!

オーバーテイクは冷静かつ大胆に!

第2レースのスターティンググリッドは最後尾の34番手。

でも今回はマシンが完璧に修理できていたので、オーバーテイクが楽しみな状況です。

ドレクセラー・フォーミュラ・カップは普通のワンメイクレースよりもセッティングや改良の幅があるので、それは経験値を上げる意味でもいいことだと思っています。

13周のレースでしたが、途中ペースカーが3周入ったので実際は10周しかありませんでした。

わたしは第1レースに続いてオーバーテイクを繰り返し、11位まで順位を上げてフィニッシュしました。

第1レースもそうだったのですが、レース中は様々なアクシデントがありそれを冷静に回避したり、オーバーテイクしたりの連続。

高速コースのモンツァで、今の自分の実力をしっかりと出せたレースになったと思います。

今回のレースで残念だったのは、やっぱり予選でもうちょっと前に行きたかったということです。

とは言ってもドレクセラー・フォーミュラ・カップは様々なシャシー、エンジンが混走するレースなので、総合でトップを争うようなことは難しいというのもよくわかりました。

わたしのF3リージョナルのマシンは、ダラーラのF3よりもベストラップが4~5秒は遅いのです。

一方、普通のワンメイクレースよりもセッティングや改良の幅があるので、それは経験値を上げる意味でもいいことだと思っています。

父(野田監督)は、速さが違うマシンの中で揉まれるのも大事なこと、と言っていました。

次のレースはWシリーズの開幕戦です!

さあ次のレースはWシリーズの開幕戦です!

わたしたちはいったんデンマークに戻って、そこからは空路でマイアミに向かいます。

今回のモンツァで肩慣らしはできたので、あとは新しいチャンピオンシップに集中するだけです。

応援してくださいね!

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。2018年からF3に挑戦。2020年はデンマークF4参戦。2021年はアメリカF4 US→デンマークF4。2022年は「Wシリーズ」を中心に活動する。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」
 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像