海外試乗

2015.03.16

ラディカルRXC500

テスト日 : 2015年03月13日

価格 : £143,500(2,570万円)

言うなれば ’合法的超特急’ である。

■どんなクルマ?

初めてラディカルRXCをテストした際、欠点を見つけるまでにさほどの時間を要さなかった。

しかしそれに負けないくらい突出した良点もあった。極めてナチュラルなシャシー・バランスや、ル・マンのレーシングカーからヒントを得たボディワークによる、強烈なダウンフォースなどがそれである。

タイヤが温まる遥か前から、その潜在能力に呆気にとられてしまうのだから、RXC500はさらに優れたパフォーマンスを発揮してくれるに違いない……と考えたのが本テストを企図した理由である。

RXC ’500’ というモデル名に反して、新型3.5ℓフォード製エコブースト・ユニットは水冷式のギャレット製GT28ターボチャージャーの力を借りて537psを叩きだす。

アルミニウム製のエンジンはフォードが製造を引き受けるが(F150ピックアップと同じユニット)、従来の6ヶ所から12ヶ所に増えた燃料噴射装置とインテーク・プレナム部はラディカルが設計を受け持つ。

また、さらに正確にブースト・マネージメントを行うために、ラディカルはオリジナルで二相式のウエストゲート・アクチュエーターを開発。ヒート・シールドの面積も増やしている。

コンポジット・ボディワークの内側に隠されたカーボン-スチール・スペースフレーム・シャシーや、298km/h時に900kgものダウンフォースを生むカーボン製リア・ウイングを含むその他の点はこれまでと同様。

 
最新初試乗

人気コンテンツ