カーレビュー

2017.01.18

新車&中古車対決! ―― アウディTT vs ロータス・エヴォーラ

もし、許された予算内に新車と中古車が存在したら、どちらを買えばいいのだろう? いずれも魅力的なモデルだとしたら迷うはずだ。今回は中古のロータスと新車のアウディを比べ、結論をだしたい。

中古ロータスで冒険? 新車のアウディで褒められたい?

ロータス・エヴォーラが登場してから7年が経過した。2009年のベスト・ドライバー・カー選手権を制覇した初代の自然吸気モデルは、今でも評価が高い。

よほど幸運ではない限り、初代のエヴォーラを新車で買うことはできないが、£50,000(698万円)という英国での新車価格から£20,000(279万円)あまり価格が下がった今こそ、とても ‘おいしい’ 時期なのでは? と考えてもいいだろう。

ちなみにテストのために中古車屋さんから借りてきた2010年式の距離計は、9万5千kmを刻んでおり、店頭販売価格は£30,000(419万円)。アルミニウム・シャシーの特殊溶接ボディの内側ミド部に、280psを発生するトヨタ製の3.5ℓV6エンジンをマウントしている。

時代は流れ、テクノロジーに満ちた第3世代アウディTTが登場した。こちらの英国における価格は£33,200(464万円)。230psを発生する2.0ℓTFSIガソリン・ユニットに6速MTを組みあわせている。駆動方式はFF。

心が落ち着かないのは、年式は古いがダイナミクスに優れるエヴォーラが、新しいTTの魅力に打ち負かされるのではないか? という不安があるからである。


next page内装 新しいもの好きにはTT、走り重視ならばエヴォーラ

 
最新初試乗

人気コンテンツ