海外試乗

2017.08.13

フィアット500、60歳に 「ノース・コースト500」を巡る旅(後編)

フィアット500 1.2
[編集部より]

【後編】誕生から60年を迎えたイタリアのスモールカー。フィアット500を英国都市部からスコットランドの「ノース・コースト500」まで連れ出しました。

もくじ

前編
フィアット500の誕生を祝って
力は5倍 車重は2倍 全長は30%増
激しいアップダウン 体感する500
いいところ 気になるところ
アップルクロス峠 心打たれる

後編
湾から城 それから橋へすすむ
ジョン・レノンの「あの場所」へ
世界で一番短い通りを抜ける
人類の歴史にと歩んできたクルマ

湾から城 それから橋へすすむ

翌朝、グルイナード湾の美しい朝日に西海岸の柔らかな砂が照らされ、海が青く輝き始める。にわか雨が目の前を横切っていく。

ヘリブディタン行きのフェリーのせいで道路が少し混んでいたが、ロッテルダムのA835号線は静かで快適だった。

高速カーブの間の直線で、ギアチェンジをして追い越しをかける。現代のパフォーマンスカーが持っている程のパワーが無くても大丈夫。

われわれはアードレック城とカルダ城の遺跡を通り過ぎた。どちらも数世紀前の繁栄の印とも言える美しいものだが、その平和は長く続かなかった。カイルズク橋で休憩をとる。

自然と融合するようなコンクリート造の橋で、1984年に開通するまでは160kmも迂回して走るか、フェリーを利用していた。

ほとんど勾配のないディオナード川に沿って進み、海風の強いダーネス村に入ると、24時間営業のガソリンスタンドを見つけた。この地方を訪れる場合、ここでガソリンタンクを満たしておく方が賢明だ。

next pageジョン・レノンの「あの場所」へ

 
最新初試乗