BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2018.09.23

天空の玉座 エグゼクティブ・オープン・スポーツ対決 前編 回顧録

ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー/ベントレー・コンチネンタルGTC/アストン マーティンDBSヴォランテ

編集部より

車両価格3000万円級のオープントップには本当にそれに見合ったドラマがあるのでしょうか。ガヤルド・スパイダー、DBSヴォランテ、そしてコンチネンタルGTCスピードというオープンであること以外はまるで方向性の違った3台を徹底的に比較します。

AUTOCAR JAPAN誌 79号

もくじ

共通項はオープンであること
オープン状態での走りは
W型12気筒のGTC
強烈な存在感の3台
エグゾーストノートにも個性が

共通項はオープンであること

オープンカーというカテゴリーこそ共通しているが、この3台、その構成はかなりかけ離れている。ミドエンジンのスーパーカー、フロントエンジンのグランドツアラー、それに4シーターの高級カブリオレを取り揃え、しかも強風で名高いウェールズの丘陵地帯に持ち出し比較テストしようとしているのだから、端から見ればさぞかし意味不明に映ったに違いない。

アストン マーティンDBSヴォランテ、ベントレー・コンチネンタルGTCスピード、そしてランボルギーニ・ガヤルドLP560-4スパイダーの3台は実に個性的だ。これほどまでに裕福この上ない気分を満喫できるのなら、2700万円からの価格も十分に正当だと養護したくなる。

そして、これだけ異質なもの同士なのに、お互いの実力は想像していたよりもはるかに拮抗していた。動力および運動性能、贅沢感、スタイリングなどはいずれも究極と評してよく、なにより存在そのもののセンセーショナルさでこれらを凌ぐクルマはまずないだろう。では、なかでも最高に魅力的なのはどれなのかを探っていくとしよう。

ひとまずわかりやすくほかを圧倒できる項目がDBSにはある。トップを開放する速さだ。ファブリックのルーフが持ち上がって折りたたまれ、そしてリアデッキに格納されるまでの所要時間はわずか18秒で、GTCの21秒、ガヤルドの22秒に比べてあからさまに速い。

next pageオープン状態での走りは

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ