[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

国内試乗 新型ベントレー・コンチネンタルGT 歴代最高の完成度

2018.09.01

100字サマリー

ベントレーの新型コンチネンタルGTに国内で試乗しました。巨体に見合わぬ俊敏さを手に入れ、エンジン、足回りともにいままで以上にスポーティかつ洗練された仕上がりになっています。内外装には今までにない新たな意匠が数多く取り入れられました。

もくじ

歴代最高のコンチネンタルGT
よりスポーティになった
ロールを抑え乗り心地も改善
巨体に見合わぬ俊敏さ
新たに取り入れた意匠も
インテリアも洗練
ベントレー・コンチネンタルGTのスペック

歴代最高のコンチネンタルGT

ベントレー・コンチネンタルGTは3代目にして歴代最高のモデルになった。2018年第3四半期に日本での発売が予定されているが、ひと足先に試乗しての印象は、ひとことで言って、新型はスポーツカーになったというものである。

コンチネンタルGTは2003年発売の初代から、つねに乗る人間に感銘を与えてくれたモデルだ。いまでこそ、初代はフォルクスワーゲン・フェートンと基本的なシャシーを共用する前輪駆動ベースだったとか、2代目もその改良型にすぎないとか、いろいろ言えるが、それでもつねに新鮮な驚きがあった。

初代のスタイリングは、あえて少しずんぐりとした雰囲気でベントレーらしさをうまく残した非常に優れたものであった。おそらく自動車のデザイン史に残るだろう。2代目はそれを上手に洗練させていた。

パワフルさにおいても同様だ。クーペとはいえ重量級の車体をおどろくほどの俊足ぶりで加速させる性能ぶりは、戦前からレースで勇名をはせたベントレーのヘリテージを感じさせてくれるものだった。

2代目コンチネンタルGTは、「先代の足りなかった部分を補うモデルチェンジ」(ベントレージャパンの広報担当者)とされる。より高いスポーツ性能とともに環境性能、が具体的な内容という。

 
最新試乗記