国内試乗

2019.07.14

試乗 ボルボXC90 D5 3列シート7人乗りディーゼル パワーパルスを試す

ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション

テスト日 : 2019年5月23日

価格 : 944万円

文・川島茂夫 撮影・佐藤正勝 

編集部より

ボルボXC90 D5を試乗。新導入のディーゼルを積んだ、3列7人乗りの高級SUV。パワーパルスというトルクレスポンスを向上する装置が絶妙、とレポートされています。

もくじ

どんなクルマ?
新導入ディーゼル パワーパルスとは

どんな感じ?
クイックな加速感/穏やかな力強さ
1ランク上のD5 静粛性は?
懐深い運動性・快適性、全モード共通

「買い」か?
ボルボ流の心地よさと実用性

スペック
XC90 D5 AWDインスクリプションのスペック

どんなクルマ?

新導入ディーゼル パワーパルスとは

一番の注目点は新規導入されたディーゼルである。V90等にラインナップされたディーゼル車は「D4」の車名になるが、XC90のディーゼル車はD5である。数値はパワースペック序列を示し、数値が大きくなるほど上位設定となる。同じ2ℓディーゼルながらパワースペックを比較するとD5はD4に対して最高出力で45ps増、最大トルクで8.1kg-m増。低回転型と高回転型の2つのターボを使い分けるシーケンシャルツインターボなど多くを共用した設計が採用されているが最大過給圧の増加等によるパワーアップが施されたわけだ。

もうひとつ、D5の欠かせない特徴のひとつが「パワーパルス」と呼ばれるシステムだ。これは電動コンプレッサーと圧縮空気用エアタンク(約19〜11bar)で構成され、作動時には低回転側の排気タービンにパルス噴射し、タービンの回転数を一気に高めるシステム。要するに排気ガス圧が不足した領域でのトルクレスポンスを向上させるのが狙いである。

興味深いのは作動条件である。気温等の諸条件もあるが、運転操作関連ではアクセル開度36%超、エンジン回転数2000rpm未満、1速もしくは2速ギア時、アクセル踏み込み速100%毎秒超等となっている。使用状況は発進や極低速域の加速くらいのもの。機械的にはシンプルな構成だが、その僅かなメリットのために些か大仰すぎるのでは、と半信半疑の部分もあったのだが、試乗して納得してしまった。

 
最新試乗記