[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

マクラーレン歴代ハイパーカー比較試乗 F1 vs P1 vs セナ 後編

2019.11.03

100字サマリー

25年前に登場したマクラーレンF1は公道走行可能なモデルのパフォーマンスのレベルを一気に引き上げました。そして、続くP1とセナがそれぞれの方法で技術の進歩を見せてくれました。今回はそんなマクラーレンが誇る3台を集めた究極の比較試乗です。

もくじ

大きな飛躍 共通のフィール
技術の進歩
公道のセナ 檻に繋がれた野獣
サーキットのセナ 異次元の存在
各車のスペック
番外編:歴史は繰り返す?

大きな飛躍 共通のフィール

では、こうした新たなカテゴリーが必要なほど、F1とP1の間には大きな飛躍があったのだろうか?

ひと言で言えば、答えは「イエス」だ。

P1とセナが同じ血脈にあることはキャビンを見れば明らかだが、セナのレーシーでカーボンファイバー製シートはよりサーキット向きのモデルであることを主張する。
P1とセナが同じ血脈にあることはキャビンを見れば明らかだが、セナのレーシーでカーボンファイバー製シートはよりサーキット向きのモデルであることを主張する。

誤解の無いように言っておくと、毎日乗るのであれば、P1のようなハイブリッドパワートレインよりも、F1のエンジンを選ぶに違いない。だが、だからと言ってP1が見事なモデルではないということにはならないのであり、このクルマにはF1にはない能力が備わっている。

まずはブランドやカーボンモノコックのボディ、ガルウイング式ドアといったもの以外で、この2台に共通するものを見てみよう。

20年もの隔たりがこの2台の間には存在しており、もはやウォーキングにはF1開発に携わった人間などほとんど残っていないにもかかわらず、なぜかこの2台には共通のフィールが感じられる。

そしてそのフィールはキャビンでも感じることができる。

P1のほうがはるかに複雑なモデルであり、パワートレインやシャシーのドライビングモード設定、パワーブーストやDRSボタンなどがキャビンを占領しているにもかかわらず、このクルマも依然としてまるで自宅のリビングで寛いでいるかのように感じさせてくれるのだ。

P1のシャシーには、もはやエンジンをサポートする役割が与えられていないのはF1と違う点だ。エンジンとシャシーはお互いが対等で不可分な存在として、いまもあまり目にすることのない、類まれな能力を発揮している。

 
最新試乗記