[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

今あらためて試乗 トヨタMR2(SW20) 生産終了から20年、もう一度注目すべき理由

2019.11.17

100字サマリー

トヨタMR2(SW20)に乗ってみました。カメラマン本人のクルマです。試乗した吉田拓生は、「次のクルマが見つからない」というオーナーの声に納得がいくといいます。ちょっと昔にタイムスリップしてみましょう。

もくじ

1オーナー、禁煙、程度極上
良く加速し、良く曲がる、けど……
21世紀に際立つMR2の個性

1オーナー、禁煙、程度極上

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

「1996年式のGT-Sで、エンジンは245ps、3S-GTEです。色はパープリッシュブルーマイカメタリックで、これはIV型にしか設定されていません」

「アルミホイールは今回の撮影のために純正に戻しましたが、サスは車高調に換えて、少しだけ車高を落としてあります」

リトラクタブルのヘッドランプを格納した端正なフロントビュー。ボンネットの低さも現代のスポーツカーとはまるで違う。クリアーのウインカーレンズはIV型以降の装備となる。
リトラクタブルのヘッドランプを格納した端正なフロントビュー。ボンネットの低さも現代のスポーツカーとはまるで違う。クリアーのウインカーレンズはIV型以降の装備となる。

「シートはレカロに換えていますが、これは純正のオプションにもなっていました。あとでTバールーフも外して撮りましょう」

今回の撮影車輛は撮影を担当してくれる神村カメラマンの愛車である。ドライビング「も」上手いカメラマンとして知られる彼は新車でこのクルマを手に入れ、23年間も所有している。

オドメーターには10万5740kmという数字が示されているが、メーターをTRD製に交換しているので、実際はさらに2万6000kmほど走っているという。

それでもコンディションは上々で、「新車みたい」と言ったら大げさだが、10年落ちくらいに見える。ひとりの熱心なオーナーに愛されてきた雰囲気がひしひしと感じられるMR2だ。

リアシートがないミドシップの常でコクピットは最小限の広さだが、スポーツドライビングにはちょうどいいフィット感といえる。

ターボ・エンジンの軽やかな振動を背中に感じながら、ストロークの短い5速マニュアルのシフトレバーを操って走り出してみる。

 
最新試乗記