【アウディならやっぱりアバント】アウディA6アバント 40 TDI (3) 車両を切替え

2020.01.16

100字サマリー

ドイツ御三家、Eクラスと5シリーズに並ぶ存在のA6。幅広い訴求力が必要となる、クラスベストのエグゼクティブ・モデルといえるのか、長期テストを通じて最新アウディA6を分析していきます。

もくじ

積算 8957km ドライビングモードの変化
車両変更 サルーンの50からアバントの40へ
名残惜しいアルミホイールと4輪操舵
スロットルレスポンスは改善
テストデータ

積算 8957km ドライビングモードの変化

text:Damien Smith(ダミアン・スミス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
様々なドライビングモードを試してみると、ハンドリングの変化が大きく、車内の雰囲気も輝いて感じられるほど。ダイナミックモードが最もわたし好みで、まるでスター・ウォーズのデス・スターのように一気にたくましく感じられる。

オプションの4輪操舵システムも好印象。狭いスペースでの取り回しでは、家族のフォード製のミニバン、SマックスよりA6の方が優れていることもわかった。

アウディ A6アバント 40 TDI スポーツ Sトロニック
アウディ A6アバント 40 TDI スポーツ Sトロニック

車両変更 サルーンの50からアバントの40へ

長期テストのクルマを、エントリーグレードに近いエステートボディのアバントに交換した。

サルーンにするかステーションワゴンにするかは、常に悩ましい問題だ。近年のドイツ・ブランド3社のモデルから選ぶなら、筆者はステーションワゴンを選ぶ。

アウディA6アバント 40 TDI スポーツ SトロニックとアウディA6 50 TDI クワトロ
アウディA6アバント 40 TDI スポーツ SトロニックとアウディA6 50 TDI クワトロ

機能もスタイルも犠牲にすることがない。特にフェラーリ250GTのように、足の速いワゴンボディは筆者好み。アウディA6の場合はどうだろう。自分なら間違いなくアバントを選ぶ。正面から見ればほぼ同じだが、なだらかに降下するルーフラインの方が良い。

今回、たくましいA6 50 TDIにお別れを告げ、アバントにスイッチすることになったのだが、格下グレードの40 TDIにも関わらず後悔は殆どなかった。エンジンは3.0LのV6ディーゼルターボから、実直な直列4気筒のディーゼルターボに入れ替わる。

 
最新試乗記