BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2018.10.26

ジャガー・ランドローバー スロバキアに新工場 ディスカバリー製造

編集部より

ジャガー・ランドローバー(JLR)が10億ポンド(約1500億円)を投じて、新たな生産施設を立ち上げます。ランドローバー・ディスカバリーを製造するそこでは、1500人の雇用を生む予定です。

スロバキア工場 ディスカバリー生産 1500人雇用

JLRが10億ポンドの巨費を投じて、スロバキアのニトラに建設する新工場は、新型ランドローバー・ディスカバリーを生産することになる。この30万㎡の施設は、1500人を新たに雇い入れ、最初の段階では年産15万台とする計画だ。現時点で、この工場での生産が決定しているモデルはディスカバリーのみだが、将来的にはほかのSUVもここで製造されることになりそうだ。JLRは最近、これとは別に850人の求人を行なっている。

JLRを率いるラルフ・スペスが言うには、このプラントは彼らのグローバルな拡張プランの一環だ。JLRの各モデルはすでに、中国とブラジルにおける合弁事業で生産されており、インドやオーストリアの企業とも契約している。

「グローバルビジネスが必要とするのは、グローバルに運用できる拠点です」とスペスは語る。「ジャガー・ランドローバーの核心は、しっかりと英国に根ざしていますが、わが社の英国でのビジネスを強化し、足場を固めるのはインターナショナルな拡大のみです」。

ニトラ工場は、スロバキア政府からの財政投融資も受け、2016年から建設が続いている。

JLRのソリハル工場は先ごろ、グローバルな販売の低迷を受け、2週間の生産停止を開始した。また、XE/XF/XJといったジャガーのセダン系モデルを製造するキャッスル・ブロムウィッチ工場は、週3日操業をクリスマス時期まで続けるという。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ