[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

ポルシェ・タイカン 9/4発表へ 試作車、24時間で3425km走破 ナルド高速サーキットで

2019.08.19

100字サマリー

ポルシェ・タイカンが、いよいよ9月4日に発表されます(欧州時間)。アンヴェールをまえに、ナルドの高速サーキットで耐久性テストを実施。EVスポーツカーは、24時間で何km走破したのでしょう。

もくじ

平均速度 195〜215km/h
800Vシステム/連続加速テスト

平均速度 195〜215km/h

独ポルシェAGは、EVスポーツカー「ポルシェ・タイカン」の初公開を、9月4日に予定している。ワールドプレミアを目前に控え、イタリア・ナルドの高速走行専用コースでテストが実施された。タイカンは、24時間で3425kmを走破したという

この距離は、ナルドからノルウェーのトロンハイムまでの距離にほぼ匹敵。南イタリアのテストサーキットを包み込むうだるような暑さの中、タイカンのプロトタイプは平均速度は195〜215km/hを維持した。ピーク時の気温が42℃、路面温度が54℃に達する状況において、長距離走行の実力を発売前に証明した形になる。

「最高気温42℃という過酷な条件の中でテストは行われた」
「最高気温42℃という過酷な条件の中でテストは行われた」

タイカンのプロトタイプは、急速充電とドライバーの交替を目的とした一時停車を除き、中断することなくテストを実施。チームはポルシェのテストドライバー6名で構成され、耐久性と高温気候の試験の一環として品質保証テストが行わた。

タイカンのモデルラインの責任者を務めるシュテファン・ヴェックバッハは、「タイカンは、この過酷な耐久テストを問題なくクリアしました。ナルドにおける結果によって、独自の800Vテクノロジーとその高い完成度がもたらすメリットを実証することができました」と語っている。タイカンは、年末に市場投入されるまでの間に、世界中で600万km以上の試運転を完了する予定だ。

 
最新海外ニュース