[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

トヨタeパレット 東京オリンピック・パラリンピック、選手村を走るEV

2019.10.23

100字サマリー

東京オリンピックの選手村を走る自動運転EVが、公表されました。トヨタeパレット。身長2mのアスリートが普通に乗れるうえ、車椅子の方が同時に4名乗車できます。

もくじ

乗員20名 低速自動運転EV
東京2020仕様とは
周囲360°を見守る
頭上はバスより広い
後輪 モーターが駆動

乗員20名 低速自動運転EV

photo: Keisuke Maeda(前田恵介)

トヨタが、東京オリンピック・パラリンピックに提供する、選手村の巡回EVを発表した。2018年のCESで発表されたコンセプト・モデル、「eパレット(e-Palette)」が、東京2020仕様として実用化される。

乗員20名という「eパレット・東京2020仕様」は、全長5255×全幅2065×全高2760mmというサイズで、ホイールベースは4000mmに達する。その実車を撮影してきたので、写真をご紹介しよう。

トヨタeパレット・東京2020仕様
トヨタeパレット・東京2020仕様

東京2020仕様とは

東京2020仕様の特徴は、車椅子を使う方が4名同時に乗れること。タイヤを四隅に配置し、広い室内空間を実現したことで、車椅子ユーザー4名が乗降するときの動線が重ならない。

「eパレット・東京2020仕様」は、オリンピック・パラリンピック期間中に、選手村を自動運転で巡回するように設計されている。このため、車両をバス停から最小限のクリアランスで停車できるうえ、車椅子でもスムーズに乗り降りできるように電動スロープが展開する。

トヨタeパレット・東京2020仕様
トヨタeパレット・東京2020仕様

周囲360°を見守る

自動運転システムは、制御ハード/ソフト、カメラ、LiDARなどのセンサーを活用し、高精度3Dマップと運行管理により低速自動運転を行う。SAEのレベル4に相当する自動運転機能を有するが、選手村で運用する際は、オペレーター1名が搭乗。

万一の場合に備えて、手動運転を行うためのジョイスティックも用意されている。

トヨタeパレット・東京2020仕様
トヨタeパレット・東京2020仕様
 
最新海外ニュース