ロールスロイス ファントム シリーズⅡ

公開 : 2012.11.20 18:04  更新 : 2017.05.29 19:40

ロールスロイスが劇的に復活し、その威厳を完全に取り戻したのが、このファントムであることに誰も異論を挟まないだろう。何しろ、全長は5842mm(今回乗ったエクステンディトホイールベースは6092mm)もあり、幅だって、ほぼ2mの1990mmだ。現在のクルマ社会の中で、間違いなく最大級のサイズなのだが、それ以上に成功したのは、その卓越したデザインに拠るところだろう。直立した、巨大なパルテノン・グリルから、優雅に流れるボディラインは、けっして斬新ではないが、落ち着いた豊かなボリュームを持ち、これ以上ない高級感を漂わせている。そして、室内に乗り込んでみれば、これまた、最高級の革とウッドに囲まれ、オーナーを言いようの無い満足感に浸してくれる。この辺りの全体の構成の上手さは、本当に見事と言うしかない。ドライヴァーズ・シートに座ると、上質のクロームに覆われたスイッチ類と、径が大きく細身の、昔ながらのステアリングが目に入る。前方に長く伸びるエンジンフードは巨大だが、角の見切りは意外に判りやすい。

今回のモデル・チェンジで変わったのは、フロントとリアの細部の造形で、特にヘッドライトはフルLEDとなり、バンパーも前後ともに意匠が変更となった。

V12気筒、460PSを発生するエンジンは、当然のことながら、極めて静かで、アクセル・ペダルを踏み込めば、巨体をゆらりと揺らせてスタートする。都内の雑踏に繰り出しても、大きなボディ・サイズによるストレスは一切無く、意外に小回りの効くステアリングと相まって、見た目よりも遥かに楽だ。新搭載の8段トランスミッションにより、更にスムーズになったのは事実で、変速は殆ど判らないほどだ。新たに8.8インチのセンター・ディスプレイが装備され、これがあらゆる情報を手に入れるマルチ・ファンクションとなっていて、使いこなせば、誠に便利なものだと思う。

まさに至れり尽くせりのクルマだが、さらに自分仕様としたビスポーク・プログラムを頼むこともでき、現実に今、発注しているクルマの大半がビスポークの作業を伴っているのだという。

(文・笹本健次 写真・花村英典)

ロールスロイス ファントム シリーズⅡ エクステンデット ホィールベース

価格 5640万円
0-100km/h 6.1秒
最高速度 240km/h
燃費 6.71km/ℓ
CO2排出量 349g/km
車輌重量 2670kg
エンジン形式 V12DOHC、6749cc
エンジン配置 フロント縦置き
駆動方式 後輪駆動
最高出力 460ps/5350rpm
最大トルク 73.4kg-m/3500rpm
馬力重量比 172ps/t
比出力 68.5ps/l
圧縮比 11:1
変速機 8段A/T
全長 6092mm
全幅 1990mm
全高 1640mm
ホイールベース 3820mm
燃料タンク容量
荷室容量
サスペンション (前)ダブルウィッシュボーン
(後)マルチリンク
ブレーキ (前)Vディスク
(後)Vディスク
標準タイヤサイズ 265/790R540A

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事