メルセデスのSクラス・カブリオレの最新スクープショット

公開 : 2015.03.14 22:50  更新 : 2017.06.01 02:10

メルセデス・ベンツSクラス・カブリオレのウィンター・テストの模様をスパイ・カメラマンがキャッチすることに成功した。メルセデス-マイバッハS600のラウンチの際に、Sクラスのプロジェクト・マネージャーであるマーティン・ハルダーも、「Sクラス・カブリオレは年内にリリースする予定だ。」とコメントしていたとおり、何も問題がなければ今年の後半に市場に登場する予定となっている。

このSクラス・カブリオレは2+2のコンバーチブル・トップ・モデルであり、ニッチなマーケットではあるが、ベントレー・コンティネンタルGTCとそのマーケットの覇権を争うことになるモデルだ。

今回のショットでも、そのスタイリングはSクラス・クーペに準じるもので、折りたたみ式のトップを持つことがわかる。フォールディング・メカニズムを持つトップをトランクに収めるために、もちろん若干の変更がリアを中心に行われている。

フロント・スクリーンもSクラス・クーペと共用で、大きなリア・クォーター・ウィンドーによって、リア・キャビンの居住性も快適なものとなっている。Eクラス・カブリオレと比較しても、当然ながらそのキャビンのクオリティは高く、しかも広い。

ちなみに、メルセデスは2006年にオーシャン・ドライブ・コンセプトというソフトトップを持つラグジュアリーなモデルのアイデアを公開したが、こちらは4ドアのオープン・モデルというコンセプトだった。

 

人気記事