テスラ・モデルS 7.0

公開 : 2015.11.02 23:30  更新 : 2017.05.29 18:47

まだ完全ではないにせよ、あたらしいオート・パイロット機能がそなわったモデルS。混雑した道における車線変更をいとも簡単にやってのけたのだった。

■どんなクルマ?

最新のアップデートによってテスラ・モデルSにはオートパイロット技術が盛りこまれた。完全なる自動運転とはいかないものの、混雑した道でもあっさりと車線変更をしてくてるレベルに達している。

£2,100(39万円)のオプションにて ‘トラフィック・アウェア・クルーズ・コントロール’ が組み合わされる。他メーカーではレーダー・クルーズなどと呼ばれるこのシステムは、自動駐車や自動車線変更、横方向からの衝突回避などを行うためのものである。

適合可能なのは今から12ヶ月前に生産されたモデル。自動運転機能のためのセンサーがあらかじめ搭載されているものである。ウルトラソニック・センサーを含むこれは、リアルタイムで360°全方位をモニターすると同時に前部の状況を把握する。さらにフロント部にはカメラもそなわっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事