ポルシェ・マカンGTS

公開 : 2015.11.09 23:55  更新 : 2017.05.29 19:04

マカン・ターボのような強引さはないのだが、それでもシートに押し付けられるような加速を披露。やっぱり只者ではない。

スポーツ・モードにするとエグゾースト・バルブが開き、ダンパーが1段上に引き締まる。スロットルやギアボックスのレスポンスも緊張感も増す。

(テスト車のように)スポーツ・クロノを装備したクルマならば、スポーツ・モード時にシャシーはさらに引き締まる。ギアボックスはあっという間にで変速し、高い回転を維持しようとする。

恐らく90%のオーナーがスポーツ・モードに固定するのではないだろうか。T字路の再スタートやローリング・スタート時にギアボックスが変速を躊躇う確率が少ない。さらにステアリングのセッティングも好ましい。

もっとも、ステアリングに関してはどのモードでもオイリーで直感的なのだが、ことスポーツ・モードにおいては自信をもって切り込んでいける重みになる。

さすがに高速コーナーに侵入するとGTSは2トンのSUVであることを実感するのだが、決してダルな動きはしない。田舎道でも心から楽しむことができる。

ブレーキ・ペダルをガッチリと踏み込んでもノーズが沈み込むことはない。ターンインは瞬時に行われ、入力と実際の動きにもズレはない。特に21インチのテスト車はミリ単位の入力にも正確に応えてくれる。

ボディ・ロールもごくわずか。ミドル・コーナーでもバランスが崩れることはなく、コーナー出口の大入力に対しても喜々として後輪が反応する。思いのままである。

関連テーマ

 
最新試乗記