ポルシェ・パナメーラS E-ハイブリッド

公開 : 2015.12.29 22:40  更新 : 2017.05.29 19:04

■どんなクルマ?

高効率とハイパフォーマンスの融合という先進のコンセプト、ポルシェはそれを「E-Performance」と表現する。そして現在のポルシェが、ロードカーの世界において、このE-Performanceを具現化した最新像としてラインナップしているのが、パラレル方式のプラグイン・ハイブリッド・システムを搭載した、パナメーラS E-ハイブリッド、そしてカイエンS E-ハイブリッドの両モデルだ。

今回はその中から、ダイナミックなデザインの4ドア・サルーン・ボディを持つ、パナメーラS E-ハイブリッドをドライブした。ブレーキ・キャリパーやエンブレム、あるいはメーターのニードルなどに使用される鮮やかなアシッド・グリーンは、あの918スパイダーにも採用されていた、まさにE-Performanceのイメージカラーともいえるもの。これからドライブするモデルが、ポルシェ車の中でも特別な存在であることを強く意識させる色だ。

パナメーラS E-ハイブリッドのパワーユニットは、333psの最高出力と440Nmの最大トルクを発揮する、V型6気筒スーパーチャージャー・ガソリン・エンジンと、同じく95ps、310Nmの最大トルクを誇るエレクトリック・モーターで構成されている。システム全体の最高出力は416ps。組み合わせられるミッションは8速ATで、エレクトリック・モーターは、エンジンとミッションの間にクラッチを介して搭載されている。バッテリーはリチウム・イオン式で、容量は9.4kWh。これによって135km/hを最高速とするEV走行=Eパワーモードでの最大航続距離は36kmを実現。充電は240V電源を使用すれば、4時間以内にそれを終了することができる。

センターコンソール上には、シフト・レバーとともにスイッチが整然と並ぶ。その中には走行モードの選択スイッチもレイアウトされており、Eパワーのほかには、Eチャージのスイッチがある。これはバッテリー残量が低下した時に、より積極的に走行中の充電を行うためのもの。プラグイン・ハイブリッド車が最大の特長とするのは、もちろん外部電源からの充電を可能としていることにあるが、このEチャージモードを使用すれば、それを必要とすることなくEV走行を再開できることになる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事