BMW 2シリーズ・アクティブツアラーにi8の4WDシステムを投入

公開 : 2016.05.25 22:30  更新 : 2021.01.30 21:18

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー・プラグイン・ハイブリッドに、i8のために開発された電動の4WDシステムが投入される。

新しいMPVは、3気筒ガソリン・エンジンとモーターを組み合わせたプラグイン・ハイブリッドとして今年デビューしたが、その4WDモデルとしてi8で開発された4WDシステムであるGKNドライブラインが移植されるというのだ。

このi8のeアクスルは、実は2シリーズのようなコンパクトなモデル向きであるという。というのも、システム全体で全幅229mm、全高259mm、そして重量が20.2kgと非常に小型軽量化が果たされているからだ。

i8のように2シリーズに移植されるeアクスルは、電力によって後輪を駆動し、4WDが必要でない時は、モーターをカットするというもの。i8と基本的に異なるのは、i8ではeアクスルがフロント・ホイールを駆動し、ガソリン・エンジンがリア・ホイールを駆動するのに対し、2シリーズ・アクティブツアラーではその逆、ガソリン・エンジンでフロント・ホイールを駆動し、eアクスルでリア・ホイールを駆動するということだ。ギアボックスを介さないために、従来のハイブリッドよりも効果的で効率的なのが特徴だ。

GKNはi8や2シリーズ・アクティブツアラーのためにeアクスル技術を開発しているが、この技術はポルシェ918スパイダーボルボ
XC90 T8、そしてフォード・フォーカスRSなどにも提供されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×