ルノー・キャプチャー・カンヌを限定発売

2016.06.23

ルノー・ジャポンは、ルノー・キャプチャーの限定車、キャプチャー・カンヌを50台限定で発売した。

昨年の同限定車はブラックのルーフカラーだったが、今年のモデルはカプチーノのカラーリングとなった。また、キャプチャーとしてはじめてレザーシートを与えられたほか、サイドサポートはアルカンターラで設えられている。

キャプチャー・カンヌは、ルノーが1983年からサポートする世界3大映画祭のひとつ、カンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした特別モデルだ。5月に開催された映画祭では、タリスマンをはじめ300台を超えるルノー車が提供され、来場したセレブリティを実際にレッドカーペットへと送り届けている。

今回の限定車は、キャプチャー・インテンスをベースに、2色の専用ボディカラー、パナソニック製のブルーレイ対応高画質9インチ大画面SDナビゲーション・システム、前席シート・ヒーター付き専用レザーシート、そしてカンヌ映画祭公式エンブレム(左・右)のほか、アルミ製ペダル、自動防眩ルームミラー、サングラス・ホルダーを特別装備する。

50台の限定販売で、カラーリングの内訳は、ブルー・マリーンフュメ/カプチーノ(最上段)が20台。イヴォワール/カプチーノが30台。とくにブルー・マリーンフュメは、3世代目のルーテシア最終期にMTモデル向けに設定されていらい久しぶりの日本導入だ。

価格は2,890,000円。

なおルノー・ジャポンは、フランスの映画文化を紹介・発信するため、 東京都千代田区のTOHOシネマズ日劇で24日から開催されるフランス映画祭2016に協賛している。


▶イベント・レポート / ルノー カングー ジャンボリー2016
▶国内ニュース / ルノー・キャプチャー・アニヴェルセルを発売

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×