ポルシェ718ケイマン

公開 : 2016.07.18 05:50  更新 : 2017.05.29 19:04

■どんな感じ?

本当に718ケイマンSのために追加資金が必要なのか? 718ケイマンに乗ると、本気でそう考えさせる。

ひとつ前のケイマンといえば、3.4ℓのケイマンSのに比べると、明らかなダウングレード版だと感じさせることが常にあったが、現行型は、より高価な718ケイマンSに驚くほど近い完成度だと日常域で感じるのだ。

本気でトライした場合や繰り返しの同時比較を行えば、さすがに排気量が異なる結果として、2500rpm以下でターボ・ラグを感じざるを得ないのだが、ミドル・レンジの密な回転感はどちらもかわらず。むろん、先代のユニットの高回転域のエンスージァズムを諦めねばならないことは、あらかじめいっておくが……。

そう感じる理由はレッド・ゾーンの手前にある。以前のフラット6に対して、最新のターボ・ユニットはヒリヒリするような刺激が希薄なのだ。テスト車にはオプションのスポーツ・エグゾーストがついていたが、独特の ‘しわがれ声’ を見逃すことはむずかしかった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事