ヴォグゾール・アストラ1.6 CDTi

公開 : 2016.08.12 05:40  更新 : 2017.05.29 18:29

ライバルに比べると乗った印象はあまりよくないが、全体的なパッケージと経済的に関しては、ほかのメーカーにとって学ぶべきところは多いはずだ。

■どんなクルマ?

1.6ℓディーゼル・エンジンを搭載したヴォグゾール・アストラは、30.3km/ℓという優れた燃費と、88g/kmという非常に少ないCO2排出量を理由に人気があり、既に7回目の世代交代を済ませている。

110psのエンジンはエントリー仕様にあたり、この上に136psの1.6 CDTiと160psの1.6 CDTiビターボ・エンジンが控えている。‘エコフレックス’ という名前がグレードに与えられるのは、それなりの工夫がある証拠。
たとえばスタート・ストップ・システムが付いていたり、ギア比を工夫していたりするのである。

われわれは、もちろん燃費などの数値情報にも興味があるが、VWゴルフなどのライバルとくらべてどうなのか? という部分にもっと興味がある。早速テストを始めようではないか。

■どんな感じ?

乗ってみると、思ったよりも速いことに気がつく。決して絶対的に速いクルマではないのだが、たとえば高速道路などの追い越しや長時間のクルージングにおいて、大きな不満を感じずに済む。

6速マニュアルの操作感もよく、ギア比を工夫しているおかげで高速クルージングにおいてもむやみに回転をあげなくていい。低回転域にもう少しだけパンチがあれば、わたしは ‘完璧’ という表現を使っていただろう。この点のみが残念でならない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事