アストン マーティンDB11 vs ベントレー・コンチネンタルGTスピード

公開 : 2016.10.18 05:50  更新 : 2017.05.29 19:29

アストン マーティンにとって、きわめて重要なDB11。ベントレー・コンチネンタルGTスピードとはまったく異なったアプローチで快適性とパフォーマンスを両立しているようだ。

わたしはいつになく急いでいる。アストン マーティンDB11とベントレー・コンチネンタルGTスピードを戦わせるためであることは言うまでもない。

わたしの右足によってコントロールされているコンチネンタルGTスピードに乗っていると、こう思う。「果たしてこのクルマの後継は必要なのだろうか」と。

振りかえってみると、コンチネンタルがデビューしてから既に13年が経っている。にもかかわらず、このクルマはいつまでも新鮮なのである。

だからこそ、真あたらしいDB11と、2003年にデビューしたベントレーを比べることに迷いがなかった。

待ち合わせの場所につくと、テスト・チームの若手がボディのサイドについた泥と塵を落としていた。

DB11のドア部分は深くえぐられており、ドア後端からテールにかけては、はち切れんばかりに膨らんでいる。モダンでダイナミック。これこそが21世紀のアストン マーティンあるべき姿なんだろうと心から思った。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事