マツダ6 2.2 スカイアクティブ-D

公開 : 2016.10.19 05:40  更新 : 2017.05.29 19:12

マツダ6(日本名:アテンザ)はエンジンとシャシーの改良を受けた。あいかわらずこのクラスで強力な立ち位置だといえるだろう。

■どんなクルマ?

去年フェイスリフトしたばかりのマツダ6。日本のマニュファクチャラーはどうしてこんなに凝り深いのだろう。技術面のさらなる改良と洗練性の向上を目指して再びマイナー・チェンジを敢行したのだ。

昨年以降のモデルと異なるのは、おもに「G-ベクタリング・コントロール(以下、GVC)」。コーナーにおける敏しょう性と高速域の安定性を高めるための技術で、今後は全車両に取り入れるという。

また、エンジンの洗練性と優れたスロットル・レスポンスもチェック・ポイントのようだ。

このクラスで戦うのがたいへんなのは、SUVに買い換えるカスタマーを繋ぎとめておかなければならないから。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マツダ 6の人気画像

×