ホンダ・フリード・ハイブリッドG ホンダ・センシング

公開 : 2016.11.03 05:50  更新 : 2017.05.29 19:09

  • 従来型で3列目シート下に搭載したIPUを、1列目下に移設。クラス初の4WDハイブリッドが生まれた。

  • 上がFFモデルのIPU、下が4WDのもの。駆動方式によって異なる内部構造のIPUを揃える。

コンパクト・ミニバンのその先へ……クラス初の4WDハイブリッドとなったホンダ・フリード新型をテスト。

■どんなクルマ?

パッケージング命! 3列6人、あるいは7人乗り5ナンバー・サイズのコンパクト・ミニバン、フリードの2代目である。パワートレインは131ps、15.8kg-mの直噴1.5ℓDOHC + CVTと、1.5ℓアトキンソンサイクルDOHC + 電気モーター内蔵7速DCTのハイブリッドの2本立て。駆動方式はそれぞれにFFと4WDがある。

ハイブリッドで4WDはクラス初だそうで、たとえば最大のライバルのトヨタ・シエンタも4WDのハイブリッドはラインナップにない。2代目フリードで実現したのは、ハイブリッドの制御ユニットであるIPUを先代より小型化したうえで、3列目シート下から1列目シート下に配置換えしたことが功を奏した。これにより、リアのディファレンシャルを置くスペースが生まれたのである。

プラットフォームはフィット系を流用しているかと思いきや、なんと専用開発で、その証拠にフィットの特徴であるセンター式燃料タンクを採用していない。2列目シートの床下に薄く延ばして配置しているのだ。

先代比、2740mmのホイールベースは同一ながら、ボディは全長が50mm延びている。わずか5cmの延長によって、3列すべての座席でおとなが快適に過ごせる驚きの室内空間を実現した、というのがホンダの主張だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事