管財人が最後のサーブを売却

公開 : 2012.11.30 14:28  更新 : 2017.06.01 01:21

トロルヘッタンの生産ラインからリリースされた最後のサーブが、オンライン・オークションで競売に出された。

68台のモデルがサーブの管財人によって競売にかけられているのだ。

中でも、最も珍しいモデルは、18台の9-5スポーツコンビだろう。このエステート・モデルは30台が製作されたが、実際にショー・ルームに並ぶことがなかったモデルである。

また、54台造られた2012年モデルのうち29台も売りに出されている。

2011年にサーブを買収したビクター・ミュラーのカンパニー・カーであった9-5エアロV6や、9-3カブリオレのリミテッド・エディション・モデルも競売にかけられている。

トロルヘッタンの工場が閉鎖される時点で、残った従業員は38人であったという。

ちなみに、これらのクルマはすべてが新車というわけではない。多くのクルマがテスト・モデルであったり、社内の連絡用として使われていた経歴を持つ。従って、メカニカルとボディワークにリペアが必要なものも存在する。

競売人であるKVD Kvarndammenは、12月16日までこの競売を行う予定だ。すべてのクルマはスウェーデンで実車を見ることが可能ということである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×