フォルクスワーゲン・アルテオン・プロトタイプ

公開 : 2016.12.20 05:40  更新 : 2017.05.29 18:56

キャビンは広く、装備も豊富。ただし、今のところ、乗り心地が硬すぎる。これが問題だ。

■どんなクルマ?

フォルクスワーゲンアルテオン。これまではフォルクスワーゲンCCと呼ばれていたモデルである。

アルテオンという名前は、‘art’ と ‘eon’ というふたつに分割される。前者は文字どおりアート。語尾の ‘eon’ のほうは、高級感をもたらす目的の造語だ。

フォルクスワーゲンのバッジを付けるクルマとしては、異例なほどターゲット層は狭く、ライバルも多い。アウディA4BMW 3シリーズメルセデス・ベンツCクラスのセクターから、ひと回り大きいアウディA6/BMW 5シリーズ/メルセデス・ベンツEクラスまで敵に回すことになり、もう少しダイレクトに言うならばBMW 4シリーズ・グラン・クーペと真っ向勝負しなければならない。

そこでフォルクスワーゲンが選んだ戦法は、内装スペースと実用性の向上。パサートや先代のCCからホイールベースを伸ばすことで実現した。

あとは価格。ライバルの価格帯よりもわずかに下げることで、アピールしようとしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×