真打登場! ボルボのトップ・モデル、S90/V90 強力なライバルに勝てるのか

公開 : 2017.02.22 15:01  更新 : 2017.05.29 19:07

■どんなクルマ?

ボルボの新しい上級レンジ、90シリーズ。まず去年、SUVのXC90が日本でも発売されたが、今度はサルーンとステーションワゴン、S90とV90が発売になる。いずれも、総額およそ1兆3000億円を投じて開発されたという新プラットフォームを使った意欲作である。

このプラットフォームがもたらす基本構造は、FWD=前輪駆動と、それをベースにするAWD=総輪駆動=4輪駆動で、実際S90にもV90にも、FWDとAWDの両方がラインナップされている。

パワートレインは、T5と呼ばれるのが2ℓ4気筒ガソリン・ターボ+8ATで、FWDが組み合わせられる。T6は2ℓ4気筒ガソリン・ターボ&スーパーチャージャー+8ATで、駆動系はAWDのみ。最後のT8が2ℓ4気筒ガソリン・ターボ&スーパーチャージャー+8ATにリア・モーターを加えた、ツインエンジンAWDと呼ばれるプラグイン・ハイブリッドとなる。

日本で発売されるのは、S90がT5 FWDモメンタムと、T6 AWDのインスクリプションとR-デザイン、V90がT5 FWDのモメンタム、T6 AWDのインスクリプションとR-デザイン、それにT8 Twin Engine AWDのインスクリプションの、合計7モデルになる。

この新プラットフォームの特徴のひとつは、ホイールベースやオーバーハングを自由に設定可能で、デザインの自由度が高いことにある。

そのためS90とV90は、基本FWDとそれをベースとするAWDでありながら、フロント・ドア前端と前輪中央の距離をRWD=後輪駆動車と同様にすることができ、同クラスの後輪駆動車に遜色ないプロポーションの、スタイリッシュなボディをデザインすることが可能だったという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ボルボの人気画像

×