ルノー・スポールF1チームと共同開発 インフィニティQ60ブラックS ジュネーブ

2017.03.07

インフィニティはQ60ブラックSというコンセプト・モデルをジュネーブ・モーターショーで公開する。

ルノー・スポールとインフィンティのコラボ

このインフィニティQ60ブラックSはルノーのグランプリ・チームとの共同で開発されたモデルで、トータル・パワー500ps以上を稼ぎ出すために、F1に使用されているKERSを装備する。

生産は予定されていないが、パリ南のルノーF1エンジンの本部で開発が行われた。またインフィニティのパディントン・スタジオで、デザイン・ディレクターのマット・ウィーヴァーが手がけたボディ・キットが与えられている。

エンジンのベースとなるのは、Q60クーペに搭載される400psの3.0ℓV6ツインターボで、これが500ps以上にチューンナップされるというもの。

より多くのパワーとトルクは、Q60にインスタントでラグのないスロットル・レスポンスを与えるという。

 

人気記事