ダイハツ・ムーヴをマイナーチェンジ

2012.12.20

ダイハツ工業、ムーヴにビッグマイナーチェンジを施し、12月20日より発売を開始した。

パワー・ユニットは、パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントの3つの要素で構成したe:Sテクノロジーと呼ばれるものが進歩し、今回のe:Sテクノロジー第2弾では、特にエネルギーマネジメントにおいて、サーモ(熱)マネジメントを追求し、燃費を向上。クラストップの低燃費を達成した。

具体的には、CVTサーモコントローラーを採用。エンジンとCVTの温度を相互に最適化し、燃焼効率、動力伝達効率を高め、燃費を向上させた他、i-EGRに加え、気筒毎の点火タイミングをコントロールし、燃焼状態を最適化し、更に新エコアイドルを進化させ、ブレーキをかけ、車速が9km/h以下になるとエンジンを停止するようにした。

パフォーマンス面では、ファン&リラックス ドライブコンセプトに基づき、ロールを大幅に低減、安定した車体姿勢を維持すると共に、高速道路などの走行中もリラックスしたドライブが可能とした。

安全面では、軽自動車初となる低速域衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、VSC&TRCなどを備えた衝突回避支援システム、スマートアシストを採用している。

また、このマイナーチェンジに併せて、エクステリア、インテリア面での装備アップおよびクオリティ・アップも行われてる。

価格は1,070,000円から1,541,000円。

関連テーマ

 
最新国内ニュース