ランドローバー・ディフェンダーのチューナー「JEモーターワークス」に聞く 何を目指す? 高騰はつづく?

公開 : 2017.04.08 16:00  更新 : 2018.01.16 13:49

ランドローバー・ディフェンダーのチューナーとして、世界的に知られている「JEモーターワークス」は、どんな野望をいだき、価格の高騰に何を思っているのでしょう? 英国編集部がファクトリーで話を聞きました。

行動のベースは「誇り」

JEモーターワークスはコヴェントリーのはずれにあり、ランドローバー・チューニングにおいては老舗。有名になったのは、特別なランドローバーを取り扱っているからだ。

創立は1975年。前の経営者だったジョン・イールスが、ちっぽけなガレージから始めた。

かつてはリビルド作業、ローバー製V8(レンジローバーだけでなくモーガンTVRなどにも搭載されている)のチューニングをおこなっていた。

「JEチューンのエンジンはいつだって最高です。メーカーが真似するくらいに」とJEモーターワークスの現取締役兼チーフ・エンジニアのジョナサン・ダグラスは誇らしげに語る。

「1980年代にはダカール・ラリーに出場するための4.2ℓエンジンを100基ほど作った経験もありますよ。さらに近年ではP38Aと呼ばれる4.7ℓスーパーチャージド・エンジンのプロジェクトに携わりました。恐らくそれはレンジローバー・スポーツの心臓に化けましたね」と冗談とも本音とも言えない声。

おもしろいインタビューになりそうだ。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×