ヴォグゾール・アダム・スラム1.4i

公開 : 2013.01.05 11:31  更新 : 2017.05.29 18:29

■どんなクルマ?

来る3月に英国で発売される予定の新しいヴォグゾール・アダムを初めてドライブした時、残念なことに幸福感を感じなかった。乗り心地は凸凹だし、重々しく予測できないような動きをする電動パワー・ステアリングを持っていた。

しかし、ヨーロッパで最も大きい英国市場向けに、オペル/ヴォクゾールは、電動パワー・アシスタントを再チューニングしてきた。それは、われわれのマイナス・イメージを払拭しようと、キチンと対応したということである。

オペルのシャシー・エンジニアの協力の下、ヴォグゾールのシャシー責任者のゲーリー・ベーカーは、英国のユーザーに受け入れられるように広範囲にわたるテストを繰り返した。そして、狭く凹凸の激しいヴォグゾールのミルブルック実験場で鍛えあげられたその”新しい”アダムのステアリングを握ることをAUTOCARは許されたのだ。

■どんな感じ?

われわれは5つの異なるセッティングを試してみた。まずは、ヨーロッパ向けのセットアップからだ。そのセットアップは、ベーカーのラップトップ・コンピュータからの入力で、電動パワー・ステアリングの味付けを数分で変更することが可能なものだった。

ヨーロッパ向けのステアリング・フィールは、あまりにパワー・アシストが強く、ストレートがデッドなものだった。その他、3つのヨーロッパ向けセッティングを試してみたが、どれもが納得できるものではなかった。

しかし、英国向けのステアリング・セッティングは、同じクルマで同じステアリング・システムを持つにもかかわらず、その反応は自然なものとなった。

反応も速く、快適にアダムをドライブしている自分に気づく結果となったのである。若干、重たく感じたものの、それは充分に予想できる範囲のものであった。

■「買い」か?

アダムはまだ完璧なクルマではない。しかし、そのパフォーマンスに対してはまだ価格が高い気もするし、1.4リッター・エンジンも粗い感じがする。

しかし、ステアリングは大きく進歩した。それは大きな前進といえるだろう。

(スティーブ・クロプリー)

ヴォグゾール・アダム・スラム1.4i

価格 13,475ポンド(190万円)
最高速度 177km/h
0-100km/h加速 12.5秒
燃費 18.2km/l
CO2排出量 129g/km
乾燥重量 1135kg
エンジン 直列4気筒1398cc
最高出力 86bhp/6000rpm
最大トルク 13.3kg-m/4000rpm
ギアボックス 5速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事