最強のスコダ・オクタビア「vRS 245」 アウディやVWと違う「魅せない」という魅せ方

公開 : 2017.06.08 12:10

ダンパー、ギアボックスはどう変わる?

アダプティブ・ダンパーは標準装備で、流しているときにはソフト、攻めるときにはハードなダンピングをセレクトできる。コンフォートモードでもやや硬めだが、フォード・フォーカスSTほど辛い硬さではない。

DCTが7速になるのも、245仕様のみのトピック。それ以外が積む6速ギアボックスと同じく、シフトは通常の走りではクイックで穏やかだが、スポーツモードではアグレッシブになる。それでも、キックダウンはあまり使いたがらない。

1段増えたギアはパワフルな走りだけでなく、効率アップにも貢献し、通常のvRSで15.2km/ℓの燃費は、15.6km/ℓへとわずかながら向上。より洗練されリラックスした巡行が可能になったのも、多段化の恩恵だ。

基本的な要素は間違いなくオクタビアのそれ。堅実なドライビングポジション、荷室のアジャスト性、優れた視認性、完成度の高いインフォテインメント。もちろん、室内は広く使いやすい。

楽しさと実用性を高い次元で両立しているという点では、これに並ぶものはそうそう見つからない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事