VWゴルフR、マイチェン初試乗 30馬力アップ/新世代7速DSG 買い換えに値する?

公開 : 2017.06.13 12:10  更新 : 2017.06.13 12:39

AUTOCARの絶対的ベンチマーク「VWゴルフR」新型。日本の公道で、早速試乗をしました。30馬力アップ/新世代トランスミッション。これが今後の「評価基準」になりますよ。

■どんなクルマ?

マイチェンで何が変わった? 310馬力の世界

マイナーチェンジ版のVWゴルフは、LEDや液晶メーターを核とした内外装備のブラッシュアップと半自動運転機能、スマホによるコネクト機能の追加が基本メニューである。それ以外の走りにかかわる部分……つまり、シャシーやパワートレインについて、少なくとも「○○ライン」と呼ばれる標準系グレードでは、明確なアナウンスはされていない。

ただ、同じゴルフでも、GTIやRといったスポーツモデルについては例外。ともにエンジンのパワーアップが施されており、主力のツインクラッチ変速機のDSGにも改良の手が加わった。


今回の主題であるゴルフRの2.0ℓ直噴ターボは従来比30psアップで、ついに大台超えの310psとなった。さらに、DSGを湿式クラッチ式の新世代7速DSGに換装。変速機の許容トルク向上にともなって、エンジン最大トルクも大台超えの40.8kg-mまで増強された。

ちなみに、ハッチバックにのみ用意される6MTは従来どおりで、同変速機の許容トルクの関係から、6MT車の最大トルクは従来どおりの38.7kg-mのままである。

関連テーマ

 
最新試乗記