ルノー・コレオス2017年モデルに初試乗 ティグアン/ディスカバリー・スポーツとの実力差はある?

公開 : 2017.06.26 11:50  更新 : 2017.06.26 12:19

ルノー・コレオスは、ルノーのSUVのなかで、もっとも大きなモデルです。ライバルはティグアンとディスカバリー・スポーツにあたりますが、差はあるのでしょうか? 検証します。

■どんなクルマ?

大きい順に、コレオス→カジャール→キャプチャー

SUVのブームがやむ気配はいまのところない。そのため、どのメーカーもSUVを作るのに躍起になっている。もちろんルノーだってそうだ。

現在ルノーにはSUV(あるいはSUVと呼べそうなモデル)は3種類ある。サイズが大きい順に、コレオス→カジャール→キャプチャーだ。

参考までに以下にディメンションを記す。

全長×全幅×全高(mm)
・コレオス:4673×1843×1678
・カジャール:4449×1836×1607
・キャプチャー:4122×1778×1566

キャプチャーやカジャールは現在英国でもすでにラインナップされているが、ルノーは先代のまったく冴えないものとは違う、新しいコレオスの英国仕様車の開発を急いだ。

このたび登場するコレオスは、日産の「コモン・モジュール・ファミリー」と呼ばれる共通のプラットフォームを使用。

カジャールもまた、日産のエクストレイルやキャシュカイ(日本名:デュアリス)と同じプラットフォームであり、全世界向けの規格で作られたものだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事