ミシュラン、摩耗時のアイスブレーキング性能11.5%向上の「X-ICE3+」を国内公開

公開 : 2017.06.26 17:20  更新 : 2017.07.01 19:11

ミシュランタイヤは、氷上性能を摩耗時においても向上させた新スタッドレスタイヤ「MICHELIN X-ICE3+(エックスアイス・スリープラスと読む)」を8月1日より発売します。

X-ICE3+の特徴

・新品時のアイスブレーキング性能4.5%向上(MICHELIN X-ICE3比)
・摩耗時のアイスブレーキング性能11.5%向上(MICHELIN X-ICE3比)

X-ICE3+の新技術

「表面再生ゴム」の中に「Mチップ」と呼ばれる物質がしっかり詰まっていることでブロック剛性が維持され、どんな路面でもしっかりと支えるという。

「表面再生ゴム」は摩耗が進むと「Mチップ」が溶け出すことによって無数の穴が現れる。この無数の穴が氷の表面にある水分を除去し、氷にピタッと密着するのだそうだ。

摩耗が進んでも常に表面に無数の穴が再生されるため、アイスブレーキ性能が長期にわたって続く。ドライ路面でもウェット路面でも高いグリップを確保するという。

サイズは15インチおよび18インチの計15サイズ、価格はオープン。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事