回顧録(2) 初代アウディRS4(B5)試乗 「夢中になれない」は本当?

公開 : 2017.08.11 19:10  更新 : 2017.08.11 20:12

速いアウディは、多くのエンスージァストの心を強く揺りました。もしかすると、このRS4は、その象徴の1台かもしれません。いま、試乗した印象は?

もくじ

RS否定派の主張は「夢中になれない」
走らせてみれば「食わず嫌い」解消へ
RS4「熱中できない問題」は本当か?
乗り心地を検証 そのほかの魅力も

RS否定派の主張は「夢中になれない」

初代RS4は、莫大なパワーと強力な4WDのトラクションの組み合わせという、RSブランドのテンプレートを設定した。後者は、ドライバーのレベルや天候にかかわらず、扱いやすいハイパフォーマンスを実現してくれる。

パワフルなクルマを扱いやすくするということは、それがフールプルーフなクルマになるという問題も孕んでいる。

結果、アウディの速いモデルは、メルセデスやBMWの競合車種ほど、ドライバーを夢中にさせるものではない傾向にある。

このことこそ、RSモデルに否定的なひとびとが真っ先に指摘する点だ。

しかし、いまやこのRS4は古いクルマであり、油圧ステアリングをはじめとするすべてのフィーリングも車齢なりのものとなっている。

本当に、心惹かれないものなのだろうか?

 
最新試乗記