2018年型ポルシェ・カイエン バルセロナでプロトタイプ3グレード試乗

公開 : 2017.08.29 11:40  更新 : 2017.08.29 11:49

強力なライバルを迎え撃たなければならないのは次期モデルでも変わらないカイエン。プロトタイプを運転する機会に恵まれた英国編集部が第一印象をお伝えします。

もくじ

プロトタイプ 運転できるのは稀
エンジンのヒントはパナメーラから
初の「MLB」ショートホイールベース版
カイエンSプロトタイプの印象は?
素のカイエンがしっくりくる理由

プロトタイプ 運転できるのは稀

今回、ポルシェは神経を尖らせていた。これまでも、開発途上のプロトタイプにジャーナリストを乗せることはあったが、あくまでもテストドライバーの運転による同乗走行に限っていた。

たとえ運転席に座ることが許されても、軽く動かす程度で、市販車のように思いのまま走らせることはまず許されない。

それでも、次期911を助手席で体験できるといわれれば、その短時間の機会を求め、はるかケープタウンを目指す連夜のフライトに耐えたものだ。

それに比べれば、今回は実り多い旅となる。場所はそう遠くないバルセロナで、何時間もクルマに乗ることができる。

そして何より大事なのは、そのほとんどの間、自らステアリングホイールを握れること。しかも、クルマは正式発表前のポルシェ・カイエンなのだ。

ポルシェが神経質になっているのも無理からぬことで、それゆえに3代目カイエンについてここで語れることは多くない。

あるエンジニアに、ハイブリッド仕様はどうなるのか尋ねたが、間をおかずに返ってきた答えはこの上なくシンプルだった。

いわく「答えられません」。

まぁ、それでも新型カイエンについて予測できることは多いだろうから、そうした内容については簡単に触れるにとどめよう。

 
最新試乗記

人気記事