お手頃ドライバーズカー選手権(3) プジョー308GTi vs セアト・レオン・クプラ

公開 : 2017.09.17 10:10

ホットハッチの老舗・プジョーと、アウディ傘下でスポーティなイメージの小型車を揃えるセアトの対決。どちらも古き佳きレシピのシンプルな仕立てですが、ハイテク満載の最新モデルを見慣れた今、英国編集部はどんな判定をするのでしょうか。

もくじ

ライバルたちほど過激ではない2台
メカには満足、操作系には注文ありの308
熟成不足の気配が悔やまれるセアト
おそらく、束の間の勝利

ライバルたちほど過激ではない2台

奔放なアクスルの足取り、緩慢なボディコントロール、トップエンドで元気をなくすエンジン、そしてサポート不足のシート。昨今のホットハッチは、ハッチバックの改造車というより、ちょっとしたスポーツカーのようなものが多いが、この2台にそれは感じられない。

セアト・レオン・クプラ300とプジョー308GTi 270はどちらも、ホットハッチのセグメントにおいては脇役のようなもの。スポットライトを浴びるのは、いつもフォード・フォーカスRSやホンダシビック・タイプRのようなモデルだ。

カップ・レーシングを意味するクプラの名は、いまやすっかり定着した。だが、再び活用されるようになったプジョー・スポール部門が、ハイスペックなパフォーマンスカーを造れるようになったのは最近のことだ。それまでのプジョーは、自らジャンルを造ったといってもいいジャンル、すなわちホット未満のウォームハッチ止まりだった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

プジョー 308の人気画像

×