ロードテスト(7) スズキ・スイフト ★★★★★★★☆☆☆ 

公開 : 2017.09.30 19:10  更新 : 2018.01.20 07:41

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

ガラスディスプレイの7.0インチ・タッチパネルを持つマルチメディア・システムは新規機種ではないが、より旧式で優雅さに欠けた先代のそれに比べれば革新的に進歩し、誰にでも扱いやすくなった。

ツヤのあるフレームは周囲のプラスティックと必ずしも調和していないが、このクルマの室内では数少ない、滑らかな手触りを持つ部分だ。明らかに、タッチパネルの操作を助ける。特に、いつも非常に直観的というわけではない場合はそうだ。

デジタルラジオとブルートゥースは全車標準装備で、試乗した最上位グレードのSZ5仕様はスピーカー数が増える。ナビも装備されるが、走行中にキーパッドが使えない点を除けばよくできている。もちろん、それは安全性を考慮してのことだが、高速道路で目的地の最寄りとなる出口を知りたいような場合には困る。個人ごとに違う発音も理解する音声認識は、確かに便利だ。

視界

シートポジションが下がったといえども、小型車に担保されるべき視界の妨げになるほどではないし、英国仕様標準のバックカメラのおかげで後退もしやすい。

燈火類

SZ5にはフォグライト、LEDのデイライト、ハロゲンのプロジェクターライトが備わる。プロジェクターライトは通常時は十分に明るいものの、ハイビームはやや暗い。

ステアリングとペダル

模範解答とまでは言えないが、これといった不満もない。強いていうならば、ブレーキペダルがもう少しアクセルペダルに近くていかも。踏んだ際の重みに不満もない。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

スズキ スイフトの人気画像