ロードテスト(7) スズキ・スイフト ★★★★★★★☆☆☆ 

公開 : 2017.09.30 19:10  更新 : 2018.01.20 07:41

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

内装 ★★★★★★★☆☆☆

スズキが奇抜なことを望まないのは、新型のキャビンの各要素によく表れている。デザインは全面的に改修されているが、素材のクオリティは、ユーザーが望む低価格路線をさらに推し進めようとしたことを示唆するものだ。要は、目につきやすいところに、薄っぺらでテカテカした黒いプラスティックが多用されているのである。

そのほかでは、エアコンの操作部や吹き出し口に目新しさはあるものの、エクステリア同様、先代のよりクリーンなデザインを好むという声があることも十分に考えられる。組付けや仕上げのレベルは、これまで通りといったところ。そのため新型は満足のいくものだが、欧州車はもちろん、もしかしたら質感の向上を図っている韓国車をさえ脅かしはしないかもしれない。

とはいえ、ドライビングポジションは適切で、これは20mm下がった前席の着座位置と、新形状でややしなやかになったシートの恩恵。後席もヒップポイントは低くなり、ホイールベース延長とエンジンルーム縮小のおかげでレッグルームも広がっている。全長はこのクラスでは短い方だが、パッケージングの妙と比較的高いルーフが相まって、標準的な体型の成人ふたりが不満なく過ごせる空間を確保した。

ラゲッジルームは、25%増に当たる54ℓの拡大を果たした。これにより、容量はコルサフォルクスワーゲン・ポロ辺りの標準的な5ドアにかなり近いものとなっている。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

スズキ スイフトの人気画像