ブガッティ・ヴェイロン試乗記 完ぺきだけれど「魅力に欠ける」 (回顧録10)

公開 : 2017.10.28 10:10  更新 : 2017.10.28 11:14

きょうの「回顧録」シリーズ、主役はブガッティ・ヴェイロンです。当時の試乗記では、「完ぺきだけれど『魅力に欠ける』」と、ピシャリといい切っています。AUTOCAR読者ならば、理由に納得できるはずです。

もくじ

もしもマクラーレンF1と戦ったら
単純なきっかけと複雑な過程
ウインカーレバー1本が90万円!
ふたつの驚き 強烈な体験
完壁だけれど「魅力的ではない」

もしもマクラーレンF1と戦ったら

こんな場面を思い浮かべてみてほしい。どこまでも続く長いストレートの起点に2台のクルマが並び、いつでもスタートできるように身構えている。1台はマクラーレンF1。もう1台は奇妙な昆虫のような形のマシンである。

その脇腹とルーフには巨大なエアインテークが口を開けている。ノーズには赤地に白い文字でBUGATTIと書かれたエンブレム。テールにはEとBの文字を組み合わせたバッジが付く。

コックピットの背後に鎮座するエンジンはむき出しで、そこには16と4という数字が刻まれている。そう、コイツこそが「世界最速」を高らかに謳うブガッティ・ヴェイロンだ。

マクラーレンF1が先に走り出した。V12の咆哮とホイールスピンとともに、地平線の彼方めがけて猛然と加速していく。

3.2秒後には100km/h、6.3秒後には160km/hに到達し、10秒後には215km/hを超える。

そしてそのタイミング(つまりマクラーレンより10秒遅れ)でブガッティがスタートを切る。ヴェイロンは4WDなのでホイールスピンはほとんど皆無だ。あたりには凄まじいサウンドが響き渡り、ロードカーではこれまでに見たことのない強烈な加速を開始する。

2.46秒後、ヴェイロンは100km/hに達し、その後2秒とかからずに160km/hオーバーの領域に突入していく。そして信じられないことに、10秒遅れでスタートしたにもかかわらず(その時点でマクラーレンF1はすでに210km/hで走っている)ブガッティはマクラーレンと同じタイミングで320km/hに到達する。

この説明を聞いても、まだヴェイロンがどれだけ速いのかピンとこないかもしれない。われわれもそうだった。だが、シシリー島でコイツをまる1日走らせた今は違う。

この新しいブガッティはとにかく衝撃的で、信じられない高みにあるクルマだ。世界一速く、世界一パワフルなロードカーというだけでなく、掛け値なしに世界で最も進化したクルマである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記